特許を得るためには何をすればいいの?

発明をしたら特許を取ろう!特許の費用について詳しく説明します。 - 特許費用をたくさんかけたからこそ利益もしっかり得ましょう

カテゴリー

特許費用をたくさんかけたからこそ利益もしっかり得ましょう

自分の発明に多額の特許費用をかけて特許を得られたとします。
423e5a708d01003eb13c7c1ed4a
特許というブランドが自分の発明に付ける事が出来たという事でそこからが利益を得るスタートになります。
依頼した場合の特許申請の流れ
数十万円かかる特許費用からその発明で億を生み出す
特許費用を無駄にしない為に自分で出来る調査方法

特許費用を簡単に超える利益を!

特許を得る為には出願から審査など約30万円以上かかります。
登録された後でも特許料は発生するので、せめてその分は発明から得た利益で埋めたいですよね。
更にはそれ以上、何倍、何十倍の利益を得る事が出来ればその発明は成功であると言えます。
しかしその為には宣伝をする必要があります。
雑誌やテレビなどで紹介しようとなればまた宣伝費用に莫大なお金がかかってしまいます。
それでは出費ばかりになってしまいますよね?
ではどのような方法がいいのでしょうか?

ネットを使って宣伝する

特許を得るまでには1年から2年かかると言われています。
しかし確実に通るという自信があるのであればその期間に既に宣伝を始めておく事が出来ます。
また、早期審査制度というものも利用できますので、早く実施したい場合は特別に早く審査をしてもらえるので早い場合では約6カ月で済ませる事も出来ます。
ネットでの宣伝が上手くいけば広まりも非常に早いので、早く利益にもつながる事になります。
多額の特許費用をかけたからこそ、利益も早く出して儲けたいですよね。
特許費用を支払えるよう貯金も大事です。
特許を得てという事でそれにかかる費用は約30万円と言われています。
そして権利を得たあとでも費用はかかるので、全て40万円以上は必要になります。

はじめに纏ったお金が必要です

せっかく世に出せる素晴らしい発明があっても特許費用が約30万円必要になるので、お金を用意しなければいけません。
貯金などがある場合でしたらそれは払う事が出来ると思いますが、払えない場合もあると思います。
しかし特許権を得れば宣伝方法なども上手に出来た場合は特許費用の何倍もの金額を儲ける事が可能だという事を忘れないでください。
そして、得られなければ今度似た様な発明が出願された場合には通ってしまいそれに特許権が得られ、もうあなたの発明ではなくなってしまいます。

特許庁は発明を守ります

あなたの発明を先に出願して権利を得る事が出来れば後から似た発明で出願されてもそれは却下されるので、世に出る事はありません。特許のことなら出願費用-海特許事務所-にご相談されてみてください。
そしてあなたの発明を独占して実施して儲ける事が出来るのです。
それを考えた時、特許費用としてかかる約30万円は高いのでしょうか?
今後発明から得られる利益を考えた時、もし権利を得なければという事を想定すればもちろん30万円は高いものではないような気もしませんか?
纏ったお金は難しいかもしれませんが、発明の段階で特許の事も考えて貯金しておく事も大事という事になりますね。

更新情報

Copyright(C)2015特許を得るためには何をすればいいの?All Rights Reserved.